1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 旭区の街歩きガイドブック 健康志向?異例の増刷

旭区の街歩きガイドブック 健康志向?異例の増刷

政治行政 神奈川新聞  2015年10月23日 03:00

異例の売れ行きを見せる旭区の街歩きガイド「新・あさひ散歩」
異例の売れ行きを見せる旭区の街歩きガイド「新・あさひ散歩」

 旭区観光協会が発行する街歩きガイドブック「新・あさひ散歩」(300円)が好評を博している。昨年10月に刊行した初版5千部は1年で完売。今月、4千部を増刷した。同区地域振興課は「異例の売れ行き。ウオーキングブームなど健康志向の高まりがあるのでは」と驚きを見せている。

 ガイドはオールカラーの全26ページ。武将・畠山重忠の足跡をたどる「重忠公ゆかりの地を訪ねて」(約6・8キロ)、川や水源を巡る「善部の史跡とさちが丘の丘陵を歩く」(約7キロ)など12の散歩コースに加え、レストランやお土産情報も紹介する。増刷にあたっては、上瀬谷通信施設の返還を一部のルートに反映した。

 購入者は50~60代が多く、「知らない名所がこんなにあるなんて」「老人会の散歩に役立てている」などの反響があるという。横浜市は健康づくりに役立ててもらおうと、歩数に応じて商品券が当たる「よこはまウォーキングポイント」を推し進めている。

 旭区役所内の売店や区内地区センター、一部のコンビニや書店などで販売。問い合わせは同課電話045(954)6092。


シェアする