1. ホーム
  2. 社会
  3. 元しらせ艦長に中学生が「質問」

元しらせ艦長に中学生が「質問」

社会 神奈川新聞  2017年01月07日 02:00

元しらせ艦長の小梅さん(左)に質問する長沢中3年の後藤さん=横須賀市大滝町
元しらせ艦長の小梅さん(左)に質問する長沢中3年の後藤さん=横須賀市大滝町

 横須賀市を拠点とする地域ラジオ放送、FMブルー湘南の特集番組「中学生の質問箱」に1月8日、南極観測船「しらせ」元艦長の小梅三津男さんが出演し、観測船の役割について語る。放送は午後3時半~4時(再放送は11日午後4時~4時半)。昨年12月上旬に収録した。

 新年最初の放送で質問するのは、市立長沢中学校3年の後藤賀子さん。小梅さんは観測船が1航海当たり約50トン分の食料や約400キロリットルの燃料を運ぶことなどを紹介。乗組員には知識だけでなく協調性が求められるとし、「(航海中に)何度も訓練を重ねてチームワークを高めていく」などと語っている。

 また、南極の生き物や船内の食事情など、後藤さんの疑問にも答える。


シェアする