1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 「大和から世界へ」 ノーベル賞根岸さん、受賞5年で祝典

「大和から世界へ」 ノーベル賞根岸さん、受賞5年で祝典

カルチャー 神奈川新聞  2015年10月19日 03:00

花束を贈られ喜ぶ根岸さん=小田急線南林間駅前
花束を贈られ喜ぶ根岸さん=小田急線南林間駅前

 大和市南林間出身で米パデュー大特別教授の根岸英一さん(81)のノーベル化学賞受賞から5年の節目を祝おうと、地元住民らが18日、小田急線南林間駅前でセレモニーを行った。帰国中の根岸さんは盛大な拍手と花束で出迎えられ、「ここは一番のふるさとです」と喜んだ。

 根岸さんは2010年に化学賞を受賞。「やまと根岸通り」と名付けられた駅前通りでこの日、根岸さんはくす玉を割り、地元中学校の吹奏楽部による演奏で祝福された。

 今秋のノーベル賞では、日本人が医学生理学賞と物理学賞を受賞。根岸さんは「日本はノーベル一流国に入っている」と胸を張り、「ここから世界的に活躍する研究者がたくさん輩出されることを期待している」と子どもたちに呼び掛けた。

 旧満州生まれの根岸さんは、小学6年から大学卒業まで南林間で暮らした。市立大和小学校と大和中学校を卒業し、名誉市民にも選ばれている。


シェアする