1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 17年相模原市政・加山市長に聞く 子育て・働く女性応援

17年相模原市政・加山市長に聞く 子育て・働く女性応援

政治行政 神奈川新聞  2017年01月06日 14:24

2017年度の市政運営について語る加山市長=相模原市役所
2017年度の市政運営について語る加山市長=相模原市役所

 相模原市の加山俊夫市長は神奈川新聞社のインタビューに応じ、「都市力が衰退しないよう経済政策を確実にするとともに、お年寄りや障害者に優しく、子育て・働く女性を応援する環境づくりに取り組みたい」と述べた。将来予測される人口減を見据え、安全で安心した生活を実現するための施策に力を注ぐ考えを明らかにした。

 -3期目の折り返しを迎え、市の課題についてどう考えているのか。

 「市の人口は、推計では2019年をピークに減少に転じ、約40年後の60年にはピーク時の4分の3に当たる約54万人まで減少する。子どもを産み、育てやすい環境の実現や市民の満足度を高めることで(人口減少を)約67万人まで抑制することが可能だ。そのためにも将来を見据えた施策展開を進めていく」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする