1. ホーム
  2. 社会
  3. 狩りガール(上) 猟銃携え命に感謝

狩りガール(上) 猟銃携え命に感謝

社会 神奈川新聞  2015年10月15日 10:01

木陰で猟銃を構え獲物を待つ平山さん=南足柄市
木陰で猟銃を構え獲物を待つ平山さん=南足柄市

 機会は唐突に訪れた。

 ガサガサッと枯れ草を踏む音がしたと思ったら、目の前を1頭のシカが駆け抜けていった。追う猟犬。身を潜めていた獣道の木陰から銃口を向け、引き金を引いた。

 耳をつんざく銃声。何も起こらない。もう1発、さらにもう1発。やはり命中せず、シカはあっという間に姿が見えなくなった。

 静寂が戻った山中で自分の鼓動だけがやけに脈打って感じられた。

 平山庸子さん(36)=横浜市旭区=が苦笑交じりに振り返る。

 「猟場でシカを見たのも初めてであたふたしちゃった。生き物を自分の手で殺(あや)めることはもちろん、銃を撃つこと自体、怖かった」

 昨年11月、秦野・蓑毛山で知った猟の難しさ。以来、平山さんは南足柄など県西部の山々に10回以上向かうが、獲物を仕留めたことはまだ一度もない。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする