1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 神奈川文化賞6人決まる

神奈川文化賞6人決まる

カルチャー 神奈川新聞  2015年10月15日 03:00

 神奈川の文化の発展に功績のあった個人・団体に贈られる第64回神奈川文化賞・神奈川文化賞未来賞(県、神奈川新聞社主催)が14日、発表された。文化賞は横浜赤レンガ倉庫など県内の歴史的建造物の調査を数多く手掛けてきた西洋建築史研究者の吉田鋼市さんら4人、今後の活躍が期待される文化賞未来賞には神奈川フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者の川瀬賢太郎さんらが選ばれ、計6人の受賞が決定した。

 審査委員会(岩田悦子委員長)は、学識経験者や知事、横浜市長ら計23人で構成。文化賞は装幀家の菊地信義さん、女優の五大路子さん、解剖学者の養老孟司さん、文化賞未来賞は棋士の甲斐智美さんも選ばれた。贈呈式は11月3日、横浜市中区の県民ホールで行われる。

神奈川文化賞受賞者
(敬称略、末尾数字は受賞時の年齢)

文化賞
【学術】西洋建築史の研究に尽力
 吉田(よしだ) 鋼市(こういち)(68)
【芸術】装幀家として文化の振興に貢献
 菊地(きくち) 信義(のぶよし)(72)
【文化活動】女優として文化の振興に貢献
 五大(ごだい) 路子(みちこ)(63)
【文化活動】幅広い文化活動を通じて文化の振興に貢献
 養老(ようろう) 孟司(たけし)(77)

文化賞未来賞
【芸術】指揮者として活躍
 川瀬(かわせ) 賢太郎(けんたろう)(30)
【文化活動】棋士として活躍
 甲斐(かい) 智美(ともみ)(32)


シェアする