1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 来館者200万人を達成 川崎・藤子ミュージアム

来館者200万人を達成 川崎・藤子ミュージアム

カルチャー 神奈川新聞  2015年10月15日 03:00

200万人目の来館者となった一家に、大倉館長(右端)から記念品が贈られた=川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム
200万人目の来館者となった一家に、大倉館長(右端)から記念品が贈られた=川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム

 2011年9月にオープンした川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区長尾)の来館者数が14日、累計200万人に達した。

 200万人目となったのは、千葉県習志野市に住む4人家族。15日で2歳となる女児の誕生日を祝い、初めて来館した。きょうだいは「ドラえもんが一番好き」と笑みを浮かべ、父も「信じられない。良い記念になった」と喜んだ。記念品として、2分の1サイズのドラえもんフィギュアなどが贈られた。

 大倉俊輔館長は「最近は外国人の入館者も増えている。これからも世界中の人に作品の魅力を伝えていきたい」と話した。


シェアする