1. ホーム
  2. 話題
  3. 業務艇に乗って横須賀港一望を 船上見学会の参加者募集

業務艇に乗って横須賀港一望を 船上見学会の参加者募集

話題 神奈川新聞  2015年10月13日 03:00

船上見学会に使う港湾業務艇「たかしま2」(国土交通省関東地方整備局京浜港湾事務所提供)
船上見学会に使う港湾業務艇「たかしま2」(国土交通省関東地方整備局京浜港湾事務所提供)

 国の業務艇に乗り東京湾から横須賀港を一望する「船上見学会」が11月19日に開かれる。国土交通省東京湾口航路事務所(横須賀市新港町)の岸壁から出発し、海上要塞「第二海堡」などをめぐる約1時間20分のクルーズで、市などが参加者を募集している。

 横須賀港の開港150周年記念事業の一環で、市と同事務所の主催。日ごろ洋上から港湾工事を監督する港湾業務艇「たかしま2」(全長22・75メートル、53トン、定員31人)に乗船することができる。

 同港を出発後、房総半島方面へ針路を取り、明治から大正期にかけて築かれた第二海堡周辺を航行。その後、観音崎沖まで南下し、猿島方向へ戻るルートだ。市港湾企画課は「海から横須賀を見る機会はあまりない。船上から港の歴史を感じ取ってもらえれば」と話している。

 船上見学会は午前10時半と午後1時半の2回で、ともに定員25人。参加費は保険料50円。荒天の場合は20日に延期される。

 市内在住・在勤・在学者が対象。往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、参加希望時間を明記し、「横須賀港と第二海堡の船上見学会参加希望」と添えて、〒238-8550、横須賀市役所港湾企画課(住所不要)まで申し込む。

 1通で2人まで応募できる。10月26日必着で応募者多数の場合は抽選。問い合わせは、平日午前8時半から午後5時15分まで、同課港湾振興係電話046(822)9802。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱