1. ホーム
  2. 経済
  3. 水上交通復活へ 17日に横浜、運河でパレード 

水上交通復活へ 17日に横浜、運河でパレード 

経済 神奈川新聞  2015年10月12日 15:16

多くの観客でにぎわった昨年の横浜運河パレード (よこはま都心部水上交通実行委員会提供)
多くの観客でにぎわった昨年の横浜運河パレード (よこはま都心部水上交通実行委員会提供)

 横浜の市街地を流れる大岡川、中村川、堀川に親しむイベント「第3回横浜運河パレード」が、17日に開かれる。「川に集まり、川の利用を身近に感じてもらおう」と、よこはま都心部水上交通実行委員会が企画した。

 今年のテーマは「橋で逢(あ)いましょう」。パレードは、シーカヤックやプレジャーボートなど約50艇が、乗り込んだ県内ゆかりのアーティストらによる船上ライブを行いながら川を進む。午前11時半に日ノ出桟橋を出発し、午後1時ごろに石川町駅前を通過。元町、日本丸メモリアルパークを周り、午後2時半ごろに日ノ出桟橋に戻る。

 また横浜海洋少年団とともに手旗信号でパレードを迎えるイベントや、大岡川クリーン大作戦なども行われる。

 今年は、アプリをダウンロードし、エリア内を回ると、ビンゴの数字が入手できるゲームを導入。数字がそろうと、プレゼントがもらえる。日ノ出桟橋では、近隣店舗など約20店舗が自慢の味を提供する「食の市」や、体験乗船会も開催する。

 同実行委の小林直樹委員長は「川に親しんでもらい、横浜らしい水上交通のあり方に関心を高めてもらえれば」と話している。詳しいスケジュールと問い合わせは、濱橋会公式ホームページを参照。


シェアする