1. ホーム
  2. 社会
  3. 【動画】護衛艦「実質は空母」 海自最大いずも 専門家指摘 

安保法成立「変わる任務」
【動画】護衛艦「実質は空母」 海自最大いずも 専門家指摘 

社会 神奈川新聞  2015年10月11日 03:00

一般公開に合わせて大勢の見学者が訪れた護衛艦「いずも」 =横浜市中区の大さん橋
一般公開に合わせて大勢の見学者が訪れた護衛艦「いずも」 =横浜市中区の大さん橋

 10日に横浜港で一般公開された海上自衛隊最大の艦艇「いずも」。海自は「ヘリコプター搭載型護衛艦」と銘打つが、海外メディアなどからは「航空母艦(空母)なのでは」といった疑問の声も上がる。安全保障関連法の成立で、専門家は「米軍は軍事費を削られ、かつてのように前方展開ができなくなっている。自衛隊の任務や活動範囲は広がり、自衛隊そのものの形も大きく変容するだろう」と指摘する。

憲法違反


 就役した3月下旬。報道陣に艦内が公開されると、記者から早速、質問が飛んだ。「護衛艦とヘリ空母の違いはあるのか」

 広報担当者は数秒間、言葉に詰まった後、焦ったように回答した。「自衛隊は空母と呼ばず、護衛艦と呼ぶ。一般的には戦闘機を載せるタイプの艦船が空母と呼ばれており、海自の護衛艦はそれに当たらない」

 海自が言葉に神経をとがらせるのは、憲法との絡みがある。防衛省のホームページにある「憲法と自衛権」には次のように書かれている。

 〈攻撃的兵器を保有することは、直ちに自衛のための必要最小限度の範囲を超えることとなるため、いかなる場合にも許されない。たとえば、大陸間弾道ミサイル、長距離戦略爆撃機、攻撃型空母の保有は許されないと考えている〉

 空母を保有することは、憲法違反となる。艦内見学では終始「護衛艦」という言葉が強調された。

 だが、20年間、自衛隊や米軍を取材する軍事フォトジャーナリストの菊池雅之さん(40)は「呼び方を護衛艦としているが、実質は空母」と話す。

 「世界の軍隊の常識からすれば、航空機の運用が可能で、そのための甲板が平らになっている1万トン以上の艦艇については空母と呼ぶ」


格納庫。3.5トントラック50台を格納するスペースがあるという。
格納庫。3.5トントラック50台を格納するスペースがあるという。

洋上基地


 1日に米軍横須賀基地に新たに配備された米原子力空母ロナルド・レーガン。海自横須賀基地に常駐するいずもは、その入港を出迎えた。

 全長248メートル、1万9500トン、最大幅38メートル。海自初となる「シーRAM近接防御ミサイル発射機」が搭載された。


飛行甲板。全長248メートル、最大幅38メートル
飛行甲板。全長248メートル、最大幅38メートル


 幹部自衛官が胸を張る。「シーRAMというのは対近接戦闘用の武器。諸外国ではすでに採用されており、もちろん米国は運用している。ミサイルで遠くの目標を、近づいてきた目標はシーRAMで、さらに近距離の目標については高性能20ミリ機関砲で撃ち落とす」


高性能20ミリ機関砲
高性能20ミリ機関砲

 甲板にはヘリ5機が同時発着できるほか、陸自が導入する新型輸送機MV22オスプレイの搭載も可能だ。同幹部は「甲板の長さは、陸自の小松島飛行場滑走路とさほど変わらない。海に浮かぶ航空基地だと思っている」と明かした。


ヘリコプターの発着スポット。5機が同時発着できる
ヘリコプターの発着スポット。5機が同時発着できる

 菊池さんはいずもについて「対潜水艦のための艦艇。洋上基地として活用することで、敵の潜水艦を探すヘリをずっと飛ばすことが可能になる」とした上で、「(尖閣諸島などの)島嶼(とうしょ)防衛が基本だったが、米軍としては、南シナ海や西太平洋を含めた広範囲にわたる監視警戒活動を自衛隊に任せたいのだろう」と推察している。

 9月末からフィリピン沖で実施されている米軍とフィリピンの共同訓練に陸自は「研修」という形で参加している。来月には、大規模な日米合同演習が予定されており、R・レーガン、いずもが参加するとみられる。菊池さんは言う。「自衛隊は今後5~10年で大きく変わる。そして、それはすでに始まっている」

一般公開 長い列横浜




 海上自衛隊の新型ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」の一般公開が10日、横浜市中区の大さん橋で始まった。海自最大の巨艦が横浜に初入港したとあって、家族連れや艦船ファンが乗船待ちの長い列をつくった。


 艦内の格納庫甲板や飛行甲板などを公開した。飛行甲板はヘリ5機が同時発着できるほか、陸自が導入する新型輸送機MV22オスプレイの搭載が可能。見学者の中には「これは空母ですか」と自衛官に質問する姿もあった。同区の新港ふ頭に停泊する自衛艦2隻とともに11、14、17日にも一般公開する。


牽引機。ヘリコプターの尾輪に取り付け、機体を動かす
牽引機。ヘリコプターの尾輪に取り付け、機体を動かす

艦載救難工作車。飛行甲板で火災が発生した場合などに使用される
艦載救難工作車。飛行甲板で火災が発生した場合などに使用される

弾薬や貨物の上げ下ろしをするための昇降機(エレベーター)。
弾薬や貨物の上げ下ろしをするための昇降機(エレベーター)。

艦載救難工作車。飛行甲板で火災が発生した場合などに使用される
艦載救難工作車。飛行甲板で火災が発生した場合などに使用される

手術室。震災時などに患者の緊急処置を行う
手術室。震災時などに患者の緊急処置を行う

病室。病床の数は35ある
病室。病床の数は35ある

歯科治療室
歯科治療室

シェアする