1. ホーム
  2. 社会
  3. 日英が連携し、先端医療学ぶ 川崎で13日

日英が連携し、先端医療学ぶ 川崎で13日

社会 神奈川新聞  2015年10月08日 03:00

 ロンドンと県内で展開されている先端医療分野の取り組みを学び合う「日英医療産業連携カンファレンス」が13日、川崎市川崎区殿町の川崎生命科学・環境研究センターで開かれる。ロンドン市で再生医療や細胞、遺伝子治療などの産業化を進めている産学官のプロジェクトチーム「メド・シティー」の研究者らによる講演や、交流会が行われる。

 県と川崎市、メド・シティーの主催。メド・シティーの取り組みや、殿町地区などで進めている県、川崎市の先端医療の実用化に向けた政策などについての講演後、交流会が開かれる。

 午後4時から午後6時45分まで。定員100人で、対象は先端医療関係の企業や団体、大学関係者。事前の申し込みが必要。問い合わせは、県ヘルスケア・ニューフロンティア推進局電話045(210)2725。


シェアする