1. ホーム
  2. 社会
  3. 「ダブルケア」の悩み語り合おう 横浜で10日催し

「ダブルケア」の悩み語り合おう 横浜で10日催し

社会 神奈川新聞  2015年10月07日 03:00

 育児と介護が同時進行する「ダブルケア」に直面する人たちが自由に語り合う催しが10日、横浜市片倉三枚地域ケアプラザ(神奈川区三枚町)で開かれる。子育てと介護を両立するための情報や支援策が不足するなか、当事者の負担感や孤独感の軽減を目指す。

 月一回ペースで当事者が語り合う場を設けている港南区の市民グループ代表、植木美子さんをゲストに招き、ダブルケアの概要や経験談を紹介。コーヒーなどを飲みながら、当事者らが悩みや不安を自由に話し合う。

 ダブルケアに関する個別相談を随時受け付けている同ケアプラザの主任ケアマネジャー、小薮基司さんは「情報交換しながら学び合う場を目指したい。カフェを楽しむ気分で参加して」と呼び掛けている。

 午後1時から3時まで。参加費100円(飲み物代として)。キッズスペースあり。申し込み、問い合わせは同ケアプラザ電話045(413)2571。


シェアする