1. ホーム
  2. カルチャー
  3. いきものがかり活動休止 ソロに力「もっと楽しく続けるため」

いきものがかり活動休止 ソロに力「もっと楽しく続けるため」

カルチャー 神奈川新聞  2017年01月05日 14:50

3人での活動休止を発表した、いきものがかり=2016年12月28日の紅白リハーサルで撮影
3人での活動休止を発表した、いきものがかり=2016年12月28日の紅白リハーサルで撮影

 ヒット曲「ありがとう」「SAKURA」などで知られる人気グループ「いきものがかり」が活動を休止すると、所属事務所が5日発表した。

 「いきものがかりからのお知らせ」として公式ホームページ(HP)で公開された文書には「10年間、3人で一生懸命に頑張ってきたので、ここらで一度、メンバーそれぞれ、自由になってみようと思います」と記し、個々のソロ活動に力を入れていく方針を宣言。休止期間は未定という。

 いきものがかりは、厚木市出身でボーカルの吉岡聖恵さん(32)と、いずれも海老名市出身でギターの水野良樹さん(34)、山下穂尊さん(34)によるグループで、2016年にメジャーデビュー10周年を迎えた。昨年夏には節目を記念し、それぞれの地元で凱旋(がいせん)ライブを行い、4日間で約10万人を動員した。

 3人は公式HPで「3人の物語を、もっと長く、もっと楽しく、続けるため」必要な決断と説明し、「いきものがかりは3人が帰ってくる場所です。またみなさん笑顔で会いましょう!それでは行ってきます」とコメントしている。

メッセージ全文(原文のまま)


 10年間、3人で一生懸命に頑張ってきたので、ここらで一度、メンバーそれぞれ、自由になってみようと思います。
 好きなことをやってみたり、新しいことをはじめてみたり、ぼーっとゆっくりしてみたり、行ってみたかったところへ旅に出てみたり。
 それぞれの未来を、もっと広げるために。
 3人の物語を、もっと長く、もっと楽しく、続けるために。
 いきものがかり放牧宣言。
 ここでひとまず「今まで、ありがとう。」
 そして「これからも、よろしく。」
 いきものがかりは3人が帰って来る場所です。またみなさん笑顔で、会いましょう!
 それでは行ってきます。
 放牧!
 いきものがかり 水野良樹・吉岡聖恵・山下穂尊
 

 ◆いきものがかり 1999年に結成され、相模大野、本厚木、海老名駅周辺で路上ライブを重ね、2006年にメジャーデビュー。NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌「ありがとう」や、NHKのロンドン五輪・パラリンピックのテーマ曲「風が吹いている」など多くのヒット曲を手掛け、NHK紅白歌合戦には、昨年まで9年連続して出場した。


デビュー10周年ライブを、地元・海老名で行った、いきものがかり。芸人の明石家さんま(中央)が、サプライズ登場した
デビュー10周年ライブを、地元・海老名で行った、いきものがかり。芸人の明石家さんま(中央)が、サプライズ登場した

3人での活動休止を“放牧”と説明した
3人での活動休止を“放牧”と説明した

シェアする