1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 松田7度目V 成年男子エアピストル わかやま国体

松田7度目V 成年男子エアピストル わかやま国体

スポーツ 神奈川新聞  2015年09月29日 10:32

【ライフル射撃 成年男子エアピストル決勝】香川・堀水(右)との接戦を制し、優勝を決めた神奈川・松田=和歌山県ライフル射撃場
【ライフル射撃 成年男子エアピストル決勝】香川・堀水(右)との接戦を制し、優勝を決めた神奈川・松田=和歌山県ライフル射撃場

 第70回国民体育大会「2015紀の国わかやま国体」第3日は28日、和歌山県ライフル射撃場などで行われ、県勢はライフル射撃の成年男子エアピストル決勝でロンドン五輪日本代表の松田知幸(神奈川県警)が大会タイ記録となる197・1点で3年ぶり7度目の優勝を飾った。

 レスリング成年男子フリースタイル74キロ級は世界選手権代表の小島豪臣(中原養護学校教)が準優勝。重量挙げの成年男子77キロ級は篠原航平(法大)がトータルで3位に入った。

 テニスは少年男女が準々決勝に進出。バレーボールの少年女子とサッカー少年男子もベスト8入りを決めた。昨年優勝のアーチェリー成年男子は準々決勝で青森に4-5で敗れ、5位が確定。ボウリング少年女子団体も5位に入った。

 特別競技の高校野球硬式は準々決勝で夏の甲子園優勝の東海大相模が秋田商を下し、準決勝に進んだ。このほか、鳥羽(京都)、智弁和歌山、中京大中京(愛知)が4強進出。


小島 王座逃すレスリング成年FS74キロ級


【レスリング成年フリースタイル74キロ級決勝】懸命に防戦する小島=和歌山県の那智勝浦町体育文化会館
【レスリング成年フリースタイル74キロ級決勝】懸命に防戦する小島=和歌山県の那智勝浦町体育文化会館


一瞬の油断で暗転
 思いも寄らぬ結末だった。レスリング成年男子フリースタイル74キロ級決勝で小島は試合終了間際に逆転負け。つかみかけた王座を逃し、ぼうぜんとするほかなかった。

 タックルで地道にポイントを稼ぎ、残り1分の時点で6-1。だが、ここから暗転した。

 わずかな隙を突かれ、投げ技で1ポイント差まで迫られると、右肩を負傷するアクシデントも追い打ちを掛けた。終了のブザーと同時に再度投げられ、マットに突っ伏した。

 「取るところで取れて良い形だったが、油断した。最初の4ポイントも2ポイントで防げていればこういう展開にはなっていなかったはず」。世界を知る32歳は自らの甘さを悔いた。

 ことしの全日本選抜選手権は非五輪階級の70キロ級で頂点に立った。ただ、12月の全日本選手権では65キロ級にエントリーする。かつて主戦場としてきた同クラスの階級で闘うのは、再び大舞台の夢を追うためか。

 教員を務めながらの練習環境は厳しい。五輪を目指すかの問いに小島は言葉を濁したが、「きょうの負けを糧にして全日本でベストを尽くす」とはっきり言った。


シェアする