1. ホーム
  2. 社会
  3. “トモダチ”レーガン 「反対意見は出にくい」

空母交代2015(1)
“トモダチ”レーガン 「反対意見は出にくい」

社会 神奈川新聞  2015年09月28日 10:21

横須賀に交代で配備されるRレーガンに、GWから積荷を載せ替える乗組員=8月、米サンディエゴ(米海軍提供)
横須賀に交代で配備されるRレーガンに、GWから積荷を載せ替える乗組員=8月、米サンディエゴ(米海軍提供)

 原子力空母ジョージ・ワシントン(GW)の後継艦として配備されるロナルド・レーガンが10月2日、米海軍横須賀基地(横須賀市)に入港する。米国のアジア太平洋重視戦略に基づく、最新鋭の原子力空母の事実上の母港化は何を意味するのか。日本を取り巻く安全保障環境の変容に伴い、米海軍と海上自衛隊の拠点として存在感を増す横須賀の戦略的価値は市民生活にどう影響するのか。「基地の街」は変化の時を迎えている。

 8月31日。米海軍からRレーガンの入港日に関する連絡を受けた外務省は、空母のプレゼンス(存在)が引き続き維持されることは日本の安全、平和に寄与する、とコメントを出した。そして、こうも付け加えた。「ロナルド・レーガンは東日本大震災の際の米軍による支援活動(トモダチ作戦)に従事した艦船であることにも留意し、今回の入港を歓迎する」

 第40代大統領ロナルド・レーガンにちなんで命名された同空母が日本人に身近になったきっかけが、トモダチ作戦だった。

 2011年3月、同空母を中心とする艦隊は訓練参加のため韓国に向かっていた予定を変更し、被災地の東北沖に急派。震災発生からわずか2日後にヘリコプターで捜索活動や支援物資の輸送を始めた。在日米軍も物資を運んだり、復旧作業に従事したりした。最多で約1万6千人が参加、日米の絆の強さを印象づけた。

 一方、原子力空母として初めて日本に配備され、08年9月から横須賀を事実上の母港としてきたジョージ・ワシントン(GW)は約25年ごとに必要とされる燃料交換の時期を迎えていた。空母の交代は近かった。GWからどの艦船に引き継ぐか。日米両政府にとって重大な懸案だった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする