1. ホーム
  2. スポーツ
  3. U-22選抜、町田に敗れる J3

U-22選抜、町田に敗れる J3

スポーツ 神奈川新聞  2015年09月24日 03:00

パスを出すU-22選抜の大島(川崎)=左=とボールを受ける喜田(横浜M)=右=町田市陸上競技場
パスを出すU-22選抜の大島(川崎)=左=とボールを受ける喜田(横浜M)=右=町田市陸上競技場

 明治安田J3第30節は23日、6試合を行い、2位町田は、U-22(22歳以下)日本代表の手倉森監督が率いたU-22選抜を1-0で下し、勝ち点58とした。

反省糧に飛躍へ



 ほとんど見せ場をつくれないまま、0-1で敗れたU-22(22歳以下)選抜。キャプテンマークを巻いた大島(川崎)は「ゴールの可能性、チャンスがなかった」と渋い表情で振り返った。

 J2昇格争いまっただ中の町田の気迫が上回ったのか。「慌てて突っ掛かる必要はない」と思っていたというが、「得点を狙う」との個人テーマは達成できず、予定通りハーフタイムで交代。「裏を狙うパス、裏を狙うタイミングを合わせていかなきゃいけない」と反省が残った。

 その大島と代わってプレーした喜田(横浜M)も「チャンスのつくり方は突き詰めないと」と苦い表情だ。「セットプレーの怖さは身を持って実感した。アジアでもこういう戦いはある」と、コーナーキックからの失点を悔しがった。

 2人とも所属クラブでは不動のレギュラー。中2日でリーグ戦が待っている。大島は「攻撃の精度を高めたい」と言い、喜田は「オリンピックチームのため、それぞれが高い意識でやることが大事」とレベルアップを誓っていた。


シェアする