1. ホーム
  2. 話題
  3. 横須賀で24日から海の幸フェア 第6弾はフレンチやすし店も

横須賀で24日から海の幸フェア 第6弾はフレンチやすし店も

話題 神奈川新聞  2015年09月22日 03:00

海の幸フェアのガイドブック
海の幸フェアのガイドブック

 横須賀市は24日から、第6弾となる「よこすか海の幸フェア」を開催する。魚介類をはじめとする横須賀産食材の魅力を伝え、地産地消を推進することが目的。参加する飲食店は6増え20店に。フェア食材や参加店を紹介するガイドブックの配布を17日から始めた。

 1年前に始まった企画で今回から2期目。各回3、4種の市内産水産物をフェア食材と位置付け、参加飲食店がオリジナルメニューを提供したり、6カ所の販売店がPRに力を入れたりしている。

 これまでの参加飲食店は居酒屋が中心だったが、新規のフレンチやすし店などが加わり、幅が広がった。本紙横須賀・湘南版で連載中の「横須賀佐島・魚行商のおかみさんレシピ」も連動し、地魚の魅力を紹介していく。

 今回のフェア食材はカツオ、近海マグロ、マアジ、秋サバで、期間は10月17日まで。ガイドブックでは、各店の「カツオの香草たたき」「アジとアンチョビ、タマネギのホワイトピザ」「サバカツバーガー」などを紹介。参加飲食店で使えるクーポン券も付いている。

 A5判20ページで2万部を発行。市役所、各行政センターや京急線横須賀中央駅などで配布している。問い合わせは市農林水産課電話046(822)8298。


シェアする