1. ホーム
  2. 話題
  3. 新春に地元野菜 あすから「福箱」

新春に地元野菜 あすから「福箱」

話題 神奈川新聞  2017年01月04日 02:00

段ボール箱で提供する「野菜の福箱」の試作品
段ボール箱で提供する「野菜の福箱」の試作品

 新春に大地の恵みいっぱい-。JAあつぎは5日からの「新春 初売りフェア」で、地元産の農産物を中心に詰め合わせた「野菜の福箱」を売り出す。今回初の試みで、千円相当の野菜を組み合わせ、500円で提供する。

 フェアは農産物直売所「夢未市」の本店(厚木市温水)と相川店(同市酒井)では5日午前9時半から、グリーンセンター(同市及川)では7日午前9時からスタート。「福箱」はいずれも初日のみ、数量限定、1人1箱で販売する。

 日持ちのする根菜類がメインで、「天候次第だが採れたての葉物もプラスしたい」と担当者。「福袋」より持ち運びが便利な容量11リットルほどの小ぶりな段ボール箱に華やかなのし紙を付ける。

 初売りフェアは9日まで。期間や店舗限定で厚木産米「キヌヒカリ」特別販売なども。問い合わせは、JAあつぎ指導販売部店舗直販課電話046(221)2273(5日から)


シェアする