1. ホーム
  2. カルチャー
  3. どぶ板通りで食や音楽の催し 横須賀製鉄所150周年記念 

どぶ板通りで食や音楽の催し 横須賀製鉄所150周年記念 

カルチャー 神奈川新聞  2015年09月19日 03:00

 京急線汐入駅(横須賀市汐入町)近くの「どぶ板通り」のイベント広場で19日から、横須賀製鉄所着工150周年を記念した催しが開かれる。ドブ板通り商店街振興組合(越川昌光理事長)の主催。23日まで。

 同製鉄所は幕末の1865年にフランス人技師、レオンス・ヴェルニー氏を招いて、現在の米海軍横須賀基地内に建設された。どぶ板通りは同製鉄所に最も近い商業地区として、明治以降栄えてきた。

 会場では、日本近代化の歴史を振り返るパネル展(19日)や米海軍第7艦隊音楽隊による演奏(20日)、フランスパン祭り(21日)、海軍カレーが食べられる催し(23日)など盛りだくさんのイベントを用意。ベテランガイドがどぶ板通りなどを案内するツアー(19、20日)もある。

 問い合わせは同組合電話046(824)4917。


シェアする