1. ホーム
  2. 選挙
  3. 内野氏が4選出馬を表明 海老名市長選

内野氏が4選出馬を表明 海老名市長選

選挙 神奈川新聞  2015年09月15日 03:00

内野優さん
内野優さん

 任期満了に伴う海老名市長選(11月8日告示、同15日投開票)で、内野優市長(59)は14日、無所属での4選出馬を表明した。同市長選への出馬表明は2人目。

 内野市長は記者会見し、「1期目から言い続けてきた『住みたい、住み続けたい海老名』の実現に向け、課題がある限り挑戦していく」と出馬の理由を語った。

 重視する政策の柱として(1)海老名駅東西一体のまちづくり(2)将来を担う子どもたちのまちづくり(3)高齢者が安心して暮らせるまちづくり-を掲げた。10月に3期目の公約に対する外部評価、4期目の公約集を発表するという。

 同駅西口土地区画整理事業が完了して「まち開き」を迎える一方、交通渋滞の解消が間に合わないことに「県道整備など市だけの責任ではないが、混乱防止にあらゆる手を尽くす」と説明した。

 同市長選には、前市教育長の瀬戸清規氏(63)が出馬表明している。


シェアする