1. ホーム
  2. カルチャー
  3. ゆず「3万人と黙とう」(上)

ゆず「3万人と黙とう」(上)

カルチャー 神奈川新聞  2015年09月08日 18:08

ゆず。横浜スタジアムで3万人を集めて行ったステージの様子
ゆず。横浜スタジアムで3万人を集めて行ったステージの様子

 横浜市磯子区出身の男性デュオ「ゆず」が8月15、16日、横浜スタジアム(中区)で弾き語り公演「二人参客(さんきゃく)」を開いた。単独で同地に立つのは約15年ぶりのこと。2日間で約6万人が熱い声援を送ったステージをレポートする。【西村綾乃】

2015.8.15「緑の日」


 戦後70年の節目の日。球場内では正午の時報合わせ、北川悠仁(38)、岩沢厚治(38)もスタッフらと共に黙とうをささげた。約1分間の静寂。まぶたを開いた北川は、決意を秘めた様子でこの夜、自分たちが立つステージへと向かう。マーチングで共演する生徒らに気づくと、「おはよう。熱中症に気をつけろよ」と笑顔で声をかけていった。「夏色」からゆっくりとリハーサルが始まっていく。

 球場には北川の高校の後輩でタレントの上地雄輔や、岩沢が通った幼稚園が敷地内にある岡村天満宮などから祝いの花が届けられ、生花のみずみずしい香りが廊下に満ちていた。野球の試合時には選手がロッカールームとして使用する室内に、ギターなどの機材が並んでいる。スタッフらが行き来する通路には、炎天下の中作業を続けるスタッフへ、北川からパンが差し入れられていた。

 午後4時を過ぎ、球場内に観客が入ってきた。場内の真ん中に設置されたステージ。舞台の下にはフラワーアーティストの東信さんが、鬼ゆずやシダなど200種以上の本物の草花を茂らせた植物彫刻が目に飛び込んでくる。生きた魚、カメレオンが生息する小高い丘のように見えるステージを円状に囲む花道。その外周に客席が広がる。「わぁ、ステージまで近いね」とうれしそうな人たち。野球の得点が記される電光掲示板には、「緑の日」を知らせるグリーンのフラッグが5本揺れる。次第に期待が高まっていく。


 114名の関東学院の生徒たちが、ファンファーレを高らかに響かせ始まったコンサート。ステージへと長く伸びる道に北川、岩沢が姿を見せると大歓声がわき起こった。〝二人参客〟のタイトルにちなみ、岩沢が取り出した緑のリボンで自身の右足、そして北川の左足を結ぶ。肩を組むと照れくさそうにステージへと歩き始めた。息を合わせ階段を登り、舞台に到着すると足のリボンをほどき、力強く握手。北川が右足で3度リズムを踏み、アコースティックギターが奏でたのは、代表曲「栄光の架橋」。拍手が2人を包み込んだ。

 夕暮れの空に、岩沢のハーモニカの音が優しく響く「なにもない」、「~風まかせ~」「公園」と伊勢佐木町の路上時代から大切に歌ってきた曲が続く。「単独で横浜スタジアムに立つのは2000年。そのときは新曲だったんですけど、いまは代表曲になりました」と北川の説明で始まったのは「嗚呼、青春の日々」。演奏中に、髪を金色に染めた北川、黒いタオルを頭に巻いた岩沢との約15年前のステージ映像が流されると、客席からは驚きの声が上がっていた。

 中盤には若手クリエイター集団・渋家(シブハウス)が登場。打ち込みアレンジをした「柚渋メドレー」の中では、2人が生まれ育った岡村の街を描いた「岡村ムラムラブギウギ」「LOVE&PEACH」などを踊りや映像に合わせ披露していく。「向日葵ガ咲ク時」では2人が立つステージに、ヒマワリが差し込まれる斬新な演出もあった。


 3万人が見つめる横浜スタジアム。空を見上げた北川が、横浜スタジアムそばにあった居酒屋でアルバイトをし、仕事を終えた後、バイクを押して伊勢佐木町へと出向き、アコースティックギターを手に路上で歌っていたインディーズ時代を振り返っていく。

 「デビューできると思っていなかったし、デビューして18年経っても2人だけでステージに立てているなんて思っていませんでした。僕と岩沢で始めた、ゆず。まさに二人三脚。そこにたくさんのスタッフやファンが加わって、何百万、人何百万脚になった。変わっていくこともあるけど、変わらない思いもあって。たすきを結びながら一緒に歩いていけたら幸せ」。――変わらない思いを繋いでいこう。「確かめ合い、共に生きよう」。弾き語り公演のテーマソングとして書き下ろした「二人三脚」で美しいハーモニーを響かせる。

 アンコールでは、「終戦から70年の節目の年。節目の年に地元・横浜でステージに立つことは、意味があることだと考えています。戦争で亡くなった日本、世界の人々のために、3万人で黙とうをささげたいと思います」という北川の呼びかけで、こうべを垂れ黙とう。北川は「みんなの毎日が平和でありますように。戦争なんて絶対に起きませんように」と力強く語ると、ファンと共に「Hey和」を合唱し争いのない日々が続くことを願った。

▼9日に、ライブアルバム「二人参客 2015.8.15~緑の日~」「二人参客 2015.8.16~黄色の日~」を発売する。アルバムには8月15・16日に横浜スタジアムで行ったステージの音源を収録。30日は同作のアナログ盤も発売する。


ゆず。ライブアルバム「二人参客 2015.8.15~緑の日~」のジャケット
ゆず。ライブアルバム「二人参客 2015.8.15~緑の日~」のジャケット

横浜スタジアムに贈られた花の一部
横浜スタジアムに贈られた花の一部

シェアする