1. ホーム
  2. 社会
  3. 母、祖母殺害の高1少年起訴 裁判員裁判で審理へ

母、祖母殺害の高1少年起訴 裁判員裁判で審理へ

社会 神奈川新聞  2015年09月05日 03:00

 横浜市戸塚区の自宅で5月、同居する母親と祖母を殺害したとして、横浜地検は4日、殺人罪で高校1年の男子生徒(16)を起訴した。成人と同様、裁判員裁判で審理される。

 起訴状によると、男子生徒は5月18日、自宅で祖母=当時(81)=と母親=同(50)=の胸部や背部を包丁で多数回突き刺すなどして殺害した、とされる。地検は認否を明らかにしていない。

 家裁は8月、男子生徒について年齢や悪質性などから「刑事処分を問うことが相当」として、少年審判で検察官送致(逆送)の決定を出していた。決定によると、男子生徒は母親と祖母と口論になって激高し、犯行に及んだとされる。県警によると、事件は男子生徒が交番に自首して発覚した。


シェアする