1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 平塚への愛を歌に込め 魅力いっぱい元気なまちへCD制作出演者募集

平塚への愛を歌に込め 魅力いっぱい元気なまちへCD制作出演者募集

カルチャー 神奈川新聞  2017年01月01日 02:00

平塚への郷土愛を込めたCD制作を進める湘南ハートフル・ソングス(メンバー提供)
平塚への郷土愛を込めたCD制作を進める湘南ハートフル・ソングス(メンバー提供)

 地元への愛を歌に込めて-。平塚市ゆかりのミュージシャンがまちへの思いを込めた曲を集めてCDを制作し、ライブ開催を目指す動きが広がっている。中心となって進める「湘南ハートフル・ソングス」のシンガー・ソングライター岩澤由美子さん(58)は、「歌の明るいイメージで平塚を盛り上げたい」と力を込める。

 市内出身の音楽家・大野天翔さん(29)や高次脳機能障害の夫・健三さん(61)らと音楽活動を続ける岩澤さん。2年前から湘南平で「杜(もり)の音楽会」を開催するなど、平塚を音楽で元気づけようと、多彩な企画を展開してきた。

 「駅前の商店街を見ても元気がない。平塚にゆかりのあるミュージシャンはたくさんいる。地元への愛を形にしたい」

 岩澤さんはCD制作に向けて実行委員会を組織し、準備をスタート。津軽三味線奏者「寂空(ジャック)」、世界的な尺八奏者「大山貴善(きぜん)」さんら平塚ゆかりのアーティストをはじめ、社会福祉施設・進和学園の職員と利用者で結成したバンド「とびっきりレインボーズ」など数組の出演が既に内定しており、ほかにも参加を募っている。

 条件は、歌詞や曲名に平塚の地名を含むオリジナル曲があり、CD制作費用約20万円を分担して支払えること。来年7月末までに仕上げるため、レコーディングなど技術的なアドバイスを可能な限り無料で行う、としている。

 岩澤さんは「平塚は海や山の自然が豊かで、田舎もある面白いまち。思い入れを歌にして、特に高校生など若いアーティストに参加してほしい」とアピールする。来秋には市中央公民館(同市追分)でのライブ開催も決まっており、賛同者を待ちわびている。

 問い合わせは、岩澤さん電話090(1792)7233。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング