1. ホーム
  2. 話題
  3. 古民家で味わう七草がゆ

古民家で味わう七草がゆ

話題 神奈川新聞  2017年01月01日 00:00

 大和市郷土民家園(同市上草柳)で、毎年7日に振る舞われる七草がゆが人気だ。年末年始の飲み過ぎ、食べ過ぎで疲れ気味の胃腸を整えるさっぱりとした味付けで、例年1時間前後で完売する。

 園内で栽培したスズシロとスズナのほか、園を囲む「泉の森」に自生するセリ、ナズナ、ハコベラなどの七草を入れ、古民家の大かまどでボランティアが作る。

 今年も100食ほどを用意し、1食100円で販売。午前9時45分から整理券を配り、同10時から提供する。

 七草がゆは、7日の「人(じん)日(じつ)の節句」の行事食。食べると1年を健康に過ごせると言い伝えられている。江戸後期に建てられた園内の古民家「旧北島家住宅」で、新春の趣も味わえる。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会