1. ホーム
  2. 話題
  3. イチゴ出荷最盛期 赤色増し甘い香り漂う

イチゴ出荷最盛期 赤色増し甘い香り漂う

話題 神奈川新聞  2017年01月01日 00:00

出荷期を迎えた香り豊かなイチゴ「さちのか」=平塚市入野
出荷期を迎えた香り豊かなイチゴ「さちのか」=平塚市入野

 色鮮やかな甘いイチゴを味わって-。平塚市内で22軒が栽培するイチゴが収穫期を迎え、正月の市場に向けた出荷作業に追われている。

 同市入野で約20アールのイチゴ畑を所有する石川英夫さん(68)の農園は、香りが強くて甘みが多い「さちのか」を主に生産。今季は平年より2週間ほど成育が遅れたが、深夜も照明をつけるなどして新年向けの出荷に間に合わせた。

 温度約28度のハウス内で汗を滴らせながら木箱に収穫したイチゴは、庭先販売と県内市場に出荷。石川さんは「完熟したイチゴは、そのまま食べるのがおいしい。素材の良さを味わってほしい」と話していた。

 市内では5日から、イチゴ狩りも始まる。問い合わせは、湘南いちご狩りセンター電話090(6709)4051(午前9時~午後5時)。


シェアする