1. ホーム
  2. 社会
  3. 市消防局が現場確認 今後の調査参加は未定 相模補給廠爆発

市消防局が現場確認 今後の調査参加は未定 相模補給廠爆発

社会 神奈川新聞  2015年08月28日 03:00

米陸軍相模総合補給廠で火災原因の調査に当たる米軍と相模原市の消防職員(在日米陸軍提供)
米陸軍相模総合補給廠で火災原因の調査に当たる米軍と相模原市の消防職員(在日米陸軍提供)

 在日米陸軍相模総合補給廠(しょう)(相模原市中央区)で起きた倉庫爆発事故で、相模原市消防局は27日、米軍側の依頼に基づいて現場に立ち入り、共同で倉庫内外の現状を確認した。火災原因の特定などは今後の調査で行っていく予定だが、市消防局が引き続き加わるかは未定。

 共同調査は、市消防局から危険物の担当職員や火災調査の統括職員、現場で消火から調査までを行う指揮隊の計5人と、米軍側からは消防隊約10人で実施。倉庫の外や中に散乱するボンベや屋根が抜けた状況を確かめた。

 調査に参加した相模原消防署警備課本署の胡口忍担当課長は、倉庫の状況について「大小千本ぐらいのボンベが散乱。壊れ方もすごい」と印象を語った。米軍との調査では「手で持てる範囲のものをひっくり返して焼損状況を米軍側と確認した。予想以上に主体的に調査ができた」と説明。原因については「全てをどかして確認したわけではないので、特定できない」とした。

 今後について、市渉外部は「週末に米軍側から専門家が来ると聞いているが、市消防局が調査に加わるか分からない」とした。

 在日米陸軍司令部は「調査の進行状況については、不要な臆測を招かないためにも、部分的に分かったことをその都度発表しない」とコメント。また調査終了時期は「爆発原因の特定には必要な限りの時間をかけるため期限を設けない」としている。


シェアする