1. ホーム
  2. 話題
  3. 日本一で心境熱く 相模原の高校選手ら、市長に報告

日本一で心境熱く 相模原の高校選手ら、市長に報告

話題 神奈川新聞  2015年08月27日 03:00

全国大会で優勝を果たした生徒ら=相模原市役所
全国大会で優勝を果たした生徒ら=相模原市役所

 全国高校総合体育大会(インターハイ)などで優勝を果たした相模原市内の選手らが26日、市役所を訪問。加山俊夫市長に「目標タイムを切ることができた」「またタイトルを取って、支えてくれた方々に恩返しがしたい」など“日本一”となった心境や今後の抱負を語った。

 市役所を訪れたのは、インターハイ剣道男子個人優勝、齋藤拓仁君(東海大相模高校3年)、全日本高校ボウリング選手権大会の女子個人戦優勝、坂本かやさん(県立麻溝台高校1年)、全国高校定時制通信制体育大会自転車競技大会トラックの部個人女子2種目優勝、田辺万江吏さん(県立神奈川総合産業高校定時制3年)、同大会ロードレースの部学校対抗優勝の同校自転車競技部の選手ら。

 加山市長は、「この経験は次のステージ、人生に大きな力になる。支えてくれた人への感謝の気持ちを忘れず、さらなる飛躍を」と祝福した。

 この日は、全国高校野球選手権大会で優勝した東海大相模高校野球部の優勝報告会も市役所で行われ、駆けつけた多くの市民が栄冠を祝った。


シェアする