1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 「本番です」映画づくり 小学生が映画大で撮影体験

「本番です」映画づくり 小学生が映画大で撮影体験

カルチャー 神奈川新聞  2015年08月22日 03:00

学生らの指導を受けながら映画づくりを体験する子どもたち=日本映画大学
学生らの指導を受けながら映画づくりを体験する子どもたち=日本映画大学

 夏休みの子どもたちが映画づくりを体験できる「こども映画大学」が20日から、麻生区白山の日本映画大学(佐藤忠男学長)で開かれている。小学生39人がシナリオ作りや撮影・編集の手法を学び、完成作品は最終日の22日にキャンパス内のスクリーンで上映する。

 映画制作を通じて文化に触れてもらおうと、同区と同大が企画し5回目。公募で集まった同区内の小学4~6年生は、映画監督の熊澤誓人(まこと)同大准教授らから、映画制作の流れなどについて説明を受けた。全員がシナリオ作りに挑戦し、その中から鬼退治やゾンビなどをテーマにした4作品を選出。各作品の助監督やカメラ、録音、配役を決めた。

 21日は、キャンパス内でロケハン、リハーサルを行い、撮影。同大生らの指導を受け、「本番です」「引きの場面です。もう少し寄って」「このせりふを強調したい」などと言いながらカメラを回した。

 教室でのボールの取り合いを話し合いで解決した作品の監督を担当した市立小学校5年の男子児童(10)は「映画はいろいろな役割の人が協力して作られていることが分かった。知らない子たちとも話し合いながら撮影できて楽しかった。出来栄えが楽しみ」と話していた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地