1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 明治中の大内が優勝 全国中学大会・競泳女子100自

明治中の大内が優勝 全国中学大会・競泳女子100自

スポーツ 神奈川新聞  2015年08月19日 23:05

 全国中学校体育大会第3日は19日、秋田県立総合プールなどで行われ、県勢は競泳女子100メートル自由形で2年の大内紗雪(明治)が自己ベストの57秒21で優勝し、前日の50メートルとの自由形2冠を遂げた。

 同100メートル背泳ぎは日本学童記録保持者で1年の泉原凪沙(鶴ケ峯)が1分2秒66で2位入賞。柔道女子個人は52キロ級で東橘の古賀ひより、48キロ級で金目の渡邉愛子がともに準優勝に輝いた。

 県勢以外は、競泳女子の100メートルバタフライで世界選手権代表の池江璃花子(東京・小岩四)が58秒76の大会新記録で制し、200メートル自由形との2冠を果たした。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする