1. ホーム
  2. 社会
  3. 太田国交相が箱根を視察 山口町長から苦境の説明受ける

太田国交相が箱根を視察 山口町長から苦境の説明受ける

社会 神奈川新聞  2015年08月18日 03:00

町の状況について商店主に話を聞く太田国交相(中央手前)。右は山口箱根町長=箱根湯本駅前の商店街
町の状況について商店主に話を聞く太田国交相(中央手前)。右は山口箱根町長=箱根湯本駅前の商店街

 箱根山(箱根町)で6月末から噴火警戒レベル3(入山規制)が続いていることを受け、太田昭宏国土交通相は17日、同町を訪れ、山口昇士町長と会談した。太田国交相は「噴火警戒レベルの引き下げについては、(国交省の外局の)気象庁でも専門家の判断を仰がなくては分からないため、自分が判断することはできない」と述べるにとどまった。

 太田国交相は町役場で、山口町長から町の観光業や消費財納入業者の苦境について説明を受けた。その後、箱根登山鉄道箱根湯本駅前の商店街を視察した。

 太田国交相は「(コースが警戒区域から離れているため)箱根駅伝も開催できる」と明言。「箱根の正確な情報を発信していくことが重要」と述べた。


シェアする