1. ホーム
  2. 社会
  3. 竜巻?藤沢と横浜で突風 3人重軽傷、建物破損

竜巻?藤沢と横浜で突風 3人重軽傷、建物破損

社会 神奈川新聞  2015年08月18日 03:00

突風で街路樹が倒れ、撤去作業が行われた=17日午後4時ごろ、藤沢市亀井野
突風で街路樹が倒れ、撤去作業が行われた=17日午後4時ごろ、藤沢市亀井野

 横浜地方気象台は17日午後、県東部で竜巻とみられる激しい突風が発生したと発表した。横浜市と藤沢市で計3人が、風に飛ばされた物がぶつかるなどして重軽傷を負ったほか、建物の一部が破損するなどの被害も相次いだ。同気象台は18日に機動調査班を現地に派遣し、詳細を調べる。

 県などによると、午後2時すぎから複数の被害の通報があった。藤沢市羽鳥1丁目の工事現場で舗装作業をしていた男性会社員(27)が、突風で飛ばされたベニヤ板が右脚に当たって骨折する重傷を負った。

 横浜市都筑区池辺町でも路上にいた無職女性(73)に飛ばされた鉄板のようなものが当たり、左足の親指にひびが入るけが。藤沢市亀井野の路上では、帰宅途中だった女子中学生が風にあおられて転倒し、両膝と両肘をすりむく軽傷を負った。

 横浜市旭、都筑、泉区、藤沢市では住宅や店舗の窓ガラスやトタン屋根などが壊れたほか、街路樹が倒れるなどの被害もあった。

 東京電力藤沢支社によると、藤沢市亀井野1丁目で電線が切れ、午後2時45分ごろから約1200戸が一時停電した。

 同気象台は「被害状況も含め現地で調べる」と話している。

 この日、関東地方南岸には前線が停滞し、暖かく湿った空気が流れ込み、積乱雲が繰り返し発達。午後2時ごろには、南の海上から県上空付近に積乱雲が入り、大気が不安定になった。県警には午後2時10分ごろ、横浜市泉区和泉町で街路樹が倒れたと110番通報があり、連絡を受けた同気象台は気象状況を踏まえて約40分後に竜巻注意情報を発表した。埼玉、三重両県でも突風で住宅の窓ガラスが割れるなどの被害があった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする