1. ホーム
  2. 話題
  3. お正月も地産地消で 横須賀の「すかなごっそ」で歳末市

お正月も地産地消で 横須賀の「すかなごっそ」で歳末市

話題 神奈川新聞  2016年12月30日 02:00

大勢の買い物客でにぎわうJAよこすか葉山の直売所「すかなごっそ」=横須賀市長井
大勢の買い物客でにぎわうJAよこすか葉山の直売所「すかなごっそ」=横須賀市長井

 新年を間近に控え、JAよこすか葉山の直売所「すかなごっそ」(横須賀市長井)で、恒例の「歳末市」が開かれている。例年最も売り上げが伸びるという29日、正月食材を求めるツアー客や家族連れらの熱気が充満した。

 キャベツ、ダイコン、コマツナといった地元産の新鮮野菜をはじめ、葉山牛などの精肉や地魚も販売するすかなごっそ。マグロを買いに三崎を訪れた帰路という中野里佳さん(43)=横浜市=は「友人家族と買い物に来るのが年末の恒例。野菜は大きいし、安くておいしい」と、ネギやハクサイ、ローストビーフ用の牛肉などを購入していた。

 歳末市は30日まで。塚原仁店長(47)は「三浦大根で作る『なます』は、食感が良くておすすめ。肉も魚もそろっているので、ぜひ利用して」と呼び掛けている。


シェアする