1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜・住民死亡の土砂崩れ 盛り土業者を書類送検

横浜・住民死亡の土砂崩れ 盛り土業者を書類送検

社会 神奈川新聞  2015年08月13日 03:00

 県警生活経済課と緑署は12日、宅地造成等規制法違反の疑いで、横浜市都筑区の不動産・総合建設会社「ツヅキ企画」と男性社長(71)=同区=を書類送検した。

 書類送検容疑は、同市緑区の山林に市の許可を受けず盛り土をした造成工事について、市から2014年10月に是正措置を命令されたが、履行期限の翌11月末までに従わなかった、としている。社長は「資金がなく、是正できなかった」と容疑を認めているという。

 盛り土された山林は同10月、台風の影響で崩落し、近くのアパートに住む男性会社員が巻き込まれて死亡した。


シェアする