1. ホーム
  2. おかみさんレシピ
  3. イシモチの酢締めとワンタンゆで

横須賀佐島 魚行商のおかみさんレシピ(57)
イシモチの酢締めとワンタンゆで

フォロー・シェアボタン

神奈川新聞  2004年06月06日公開  

イシモチの酢締め(左)とワンタンゆで(右)
イシモチの酢締め(左)とワンタンゆで(右)

 今日はイシモチ。なじみの薄い名前という方もいらっしゃるかもしれませんが、みなさん食べたことがあると思います。かまぼこの原材料になるお魚だからです。まずは、酢締めを作りましょう。

 (1)うろこを落とし三枚におろします。

 (2)腹の骨を取り、片身に対して大さじ2杯の塩を振り、2時間ほど塩で締めておきます。

 (3)【2】を水洗いし、ペーパータオルで水気を拭き取ります。

 (4)酢に【3】を入れます。二杯酢でも三杯酢でもお好み次第です。10センチぐらいに切った昆布も入れましょう。

 (5)2時間ほど置いたら【4】からイシモチを取り出して皮をむき、身の真ん中にある骨を取って出来上がりです。さっぱりとしていて、夏場に食欲が増しますよ。


ワカメで巻いたイシモチの酢締め
ワカメで巻いたイシモチの酢締め

 次はワンタンゆでです。

 (1)うろこを落として三枚におろし、腹と身の真ん中にある骨を取り除きます。

 (2)【1】をスピードカッターにかけ、身の形が残らないぐらいに細かく刻みます。

 (3)タマネギとチーズのみじん切りと【2】を、かたくり粉、塩、卵と混ぜ合わせます。タマネギ、チーズ、イシモチは、3分の1ずつの割合で入れ、ハンバーグを作る要領で混ぜ合わせます。

 (4)ワンタンの皮で【3】を包み、鍋に入れてゆでます。お召し上がりは、からしポン酢でどうぞ。


新感覚、イシモチのワンタンゆで
新感覚、イシモチのワンタンゆで

 <レシピ =福本 育代>
<イラスト=福本 倖子>


イシモチ
イシモチ

シェアする