1. ホーム
  2. 社会
  3. 山の膨張「収まる方向」 箱根、沈静化を示唆 噴火予知連藤井会長

山の膨張「収まる方向」 箱根、沈静化を示唆 噴火予知連藤井会長

社会 神奈川新聞  2015年08月11日 03:00

箱根山の状況について説明する藤井会長=横浜市中区
箱根山の状況について説明する藤井会長=横浜市中区

 国の火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長は10日、横浜市内で開かれた神奈川政経懇話会の定例講演会で、活発な火山活動が続く箱根山(箱根町)の山体膨張について「最近は収まる方向を示している」との見解を明らかにした。気象庁や県温泉地学研究所もほぼ同様の見方で一致しており、地下でマグマの圧力が低下している可能性がある。

 箱根山の地下約10キロ付近には、火山活動の源である「マグマだまり」がある。マグマの圧力が高まると山が膨らみ、火山性地震の増加や噴気異常などにつながるとみられており、膨張が収まれば火山活動が終息すると考えられている。

 藤井会長は山体の膨張を捉えた地殻変動のデータを示し、「ここ1~2週間はあまり延びが進んでいない」と分析。「まだ収まりきってはおらず、もうしばらく推移を見る必要がある」としながらも、今後の活動については「このまま静かになっていく確率の方が高い」との認識を示した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする