1. ホーム
  2. 話題
  3. 地酒飲み比べ 県内13社で「かながわSAKEフェア」

地酒飲み比べ 県内13社で「かながわSAKEフェア」

話題 神奈川新聞  2015年08月11日 03:00

地酒の味わいを楽しむ参加者=横浜市中区
地酒の味わいを楽しむ参加者=横浜市中区

 県産の地酒の飲み比べができる「かながわSAKEフェア」が10日、横浜市中区長者町の大通り公園石の広場周辺で始まった。神奈川新聞社の主催で、創業125周年記念事業の一環。今年で7回目となる「大通り公園納涼ガーデンまつり」に併せて企画した。14日まで。

 自慢の地酒を提供するのは県酒造組合の13社。チケット(千円)を購入した来場者は、いづみ橋(泉橋酒造・海老名市)や天青(熊澤酒造・茅ケ崎市)、相模灘(久保田酒造・相模原市緑区)などの地酒から3種類のセットを選んで試飲(1杯60ミリリットル)できるほか、おつまみとして特産品2品がつく。地酒の注文購入もできる。

 県内の蔵元は仕込み水として主に丹沢水系の水を利用。地産地消を広く呼び掛ける県も協賛した。この日参加した男性は「冷えた地酒で暑さが吹き飛ぶよう」と話していた。

 午後5時~8時半。問い合わせは、神奈川新聞社クロスメディア営業局電話045(227)0794。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕