1. ホーム
  2. 話題
  3. ベイ応援の駐車場お目見え 横浜・関内地区

ベイ応援の駐車場お目見え 横浜・関内地区

話題 神奈川新聞  2015年08月11日 03:00

横浜DeNAベイスターズのポスターなどを掲示している駐車場=横浜市中区
横浜DeNAベイスターズのポスターなどを掲示している駐車場=横浜市中区

 横浜・関内地区に、横浜DeNAベイスターズを応援する駐車場がお目見えした。管理運営する横浜振興(横浜市中区、小松俊二社長)が手掛け、選手の集合写真や球団制作のポスターなどを掲示。8月中には関内地区にある5カ所の駐車場全てを「ベイスターズ仕様」にリニューアルする。

 同区相生町の駐車場「シンコウパーク相生町」は7月末にリニューアル。球団のメッセージワード「I☆YOKOHAMA」を掲げ、駐車場内の自動販売機も近くベイスターズカラーにするという。

 今季前半は昨年に比べ、観客が21・7%増えたベイスターズ。本拠地・横浜スタジアム周辺の集客力も高まっており、横浜振興の生方信幸駐車場事業部長は「ベイスターズを応援することで駐車場のイメージアップにつながれば」と相乗効果に期待している。

 掲示板の横浜ブルーや文字のデザインなどのデータは球団から提供を受けた。球団は「チームも街も元気になる。とてもありがたい」と話している。


シェアする