1. ホーム
  2. 話題
  3. うちわ作りで笑顔の輪 横須賀で学生や障害者ら交流

うちわ作りで笑顔の輪 横須賀で学生や障害者ら交流

話題 神奈川新聞  2015年08月09日 03:00

制作したうちわをお披露目する参加者=鴨居コミュニティセンター
制作したうちわをお披露目する参加者=鴨居コミュニティセンター

 高校・大学生を中心としたボランティアと、横須賀市内在住の知的障害のある小中高校生が交流する「ふれあいキャンプ」が8日、同市鴨居3丁目の鴨居コミュニティセンターで始まった。

 9日までの1泊2日。初日は、オリジナルのうちわ作りやセンター周辺の散策を通して、親睦を深めた。

 市社会福祉協議会主催。若手ボランティアの育成とともに、知的障害のある子どもたちの社会性や自立心を育むことを目的に開かれている。公募で集まった高校・大学生らで実行委員会を編成し、企画・運営を担うのが特徴だ。さらに実行委とは別に市内在住・在学者らがボランティアとして参加する。今回、実行委14人を含む計約110人のボランティアが小中高校生21人と触れ合う。

 この日のうちわ作りでは4班に分かれ、子ども1人にボランティア1~2人程度が付き添う形で進められ、参加者はうちわに絵を描いていった。

 実行委員長を務める県立保健福祉大学2年の神谷明子さん(19)は「徐々に全体が交流できるようなプログラム展開にした。一緒に楽しい時間を過ごしたい」と話していた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会