1. ホーム
  2. 話題
  3. ピンクのバッタ発見! 色素の変異が原因か

ピンクのバッタ発見! 色素の変異が原因か

話題 神奈川新聞  2015年08月08日 03:00

サツマイモ畑で見つかったピンク色のバッタ
サツマイモ畑で見つかったピンク色のバッタ

 全身がピンク色のバッタが横浜市金沢区能見台5丁目のサツマイモ畑で見つかった。

 発見者は近くに住む関東学院六浦中高の教諭で、生物を担当している男性(44)。1日夕、青々と葉が茂る畑で作業をしていた際、ピンク色の生き物を発見。すぐにバッタだと分かり、携帯電話のカメラで写真撮影をした。右の後ろ脚が取れていたため捕獲はしなかった。

 男性は「初めて見た。自然界にはあまりない鮮やかな色だった」と驚いた様子で「突然変異か、サツマイモの色素の影響なのか分からないが、夏休みが明けたら生物の不思議というテーマで生徒に話そうと思っている」と話していた。

 県立生命の星・地球博物館の学芸員は「バッタだけでなくイナゴ、キリギリスなどもピンク色の個体がさまざまな場所で見つかっている。生息環境との関係は薄く、色素の変異と考えられる」と説明している。 


シェアする