1. ホーム
  2. 社会
  3. 身元ほぼ特定も… 三浦女性遺棄1週間

身元ほぼ特定も… 三浦女性遺棄1週間

社会 神奈川新聞  2015年08月06日 03:00

 三浦市三崎町小網代の小網代湾で、ビニールシートに包まれた女性の遺体が見つかった殺人事件は、5日で発見から1週間が経過した。県警は女性の身元をほぼ特定、DNA鑑定で裏付けを進めると同時に、女性の周辺捜査を進めている。

 捜査本部はこれまで現場近くの101世帯を聞き込み、7月30日から8月4日にはいずれも深夜から早朝にかけて港内の釣り客や通行人など68人に話を聴いた。所有者不明のボート1隻を押収し、周辺のコンビニや住宅などの防犯カメラの解析も進めている。

 女性の遺体は7月29日午前10時ごろ、岸壁から約30メートル離れた水深約1メートルの海面に浮いているのが見つかった。捜査本部は、女性が生きたままシートに包まれ、ロープを巻かれた上、重りを付けて海に落とされたとみている。死因は溺死で、死亡推定時期は7月28日ごろ。30~40代で衣服に乱れはなかった。


シェアする