1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜の女性遺体、左胸に刺し傷

横浜の女性遺体、左胸に刺し傷

社会 神奈川新聞  2015年07月23日 03:00

 横浜市南区六ツ川4丁目のマンションの一室で20日夜、住人の女性(41)が胸から血を流して死亡しているのが見つかった事件で、遺体には左胸の刺し傷以外に目立った外傷がなく、血痕がベッドに集中していたことが22日、県警の調べで分かった。県警は自他殺両面で調べている。

 南署によると、女性は横浜市内の飲食店で働いており、事件当日は休みだった。遺体発見時、女性はベッドにあおむけで、左胸に包丁が刺さった状態だった。着衣に乱れはなく、室内を物色された形跡もなかった。玄関は施錠されていなかった。

 同署は22日午前から、女性方の現場検証を再開。消防などが立ち会い、遺体発見時の状況などを調べた。検証はこの日で終了し、自宅周辺の防犯カメラの解析や凶器とみられる血の付いた包丁の鑑定などを進める。


シェアする