1. ホーム
  2. おかみさんレシピ
  3. カマスの酢漬けと巻きずし

横須賀佐島 魚行商のおかみさんレシピ (54)
カマスの酢漬けと巻きずし

フォロー・シェアボタン

神奈川新聞  2004年06月06日公開  

脂が乗った白身に色とりどりの野菜が映えるカマスの巻きずし
脂が乗った白身に色とりどりの野菜が映えるカマスの巻きずし

 煮ても焼いてもフライでもおいしいカマス。今日はまず、酢漬けを作ります。

 (1)うろこを落として三枚におろし、腹の骨と身の真ん中にある骨を取ります。

 (2)塩水で【1】をサッと洗い、ペーパータオルで水気を拭き取ります。

 (3)【2】の表と裏に塩を振り、1、2時間置いてから水で塩を洗い流します。塩の量はカマス1本につき大さじ2杯です。

 (4)ペーパータオルで【3】の水気を拭き取って器に入れ、二杯酢や三杯酢などお好みの酢をカマスが浸るぐらい入れます。

 (5)10センチほどの昆布を【4】に入れ、2時間ほど漬け込んだらできあがりです。


 さあ、次はこの酢漬けを使って巻きずしを作ってみましょう。

 (1)ラップの上に手巻きずし用の海苔(のり)を広げます。

 (2)【1】の上に、水気を拭き取ったカマスの酢漬けを、皮を下、白身を上にして載せます。

 (3)【2】の上に、レタス、白米、スライスした赤と黄のピーマンの順に載せて巻きます。酢漬けを使っているので、酢飯にしなくてよいです。

 (4)ラップを外し、【3】を2~3センチほどの幅に切ったらできあがりです。
 実は、今日の料理の写真はこれまでとは違います。酢漬けまでは私が作りましたが、巻きずしに仕立てたのは神奈川新聞の方たちです。皆さんもぜひ、作ってみてください。 


カマスのイラスト
カマスのイラスト

 <レシピ =福本 育代>
 <イラスト=福本 倖子>


シェアする