1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 飲酒、入れ墨NG県内海水浴場キャンペーン

飲酒、入れ墨NG県内海水浴場キャンペーン

カルチャー 神奈川新聞  2015年07月19日 03:00

海水浴場の最寄り駅などで掲示するポスター(県提供)
海水浴場の最寄り駅などで掲示するポスター(県提供)

 県と海水浴場がある13市町は18日、他の海水浴客の迷惑となる砂浜での飲酒や入れ墨の露出を控えるよう呼びかける一斉キャンペーンをスタートさせる。県の「海水浴場ルールに関するガイドライン」策定後初の取り組みで、8月31日まで。

 最近の海水浴場では風紀の乱れが問題となっており、利用者のマナー向上を図り、誰もが安心して快適に楽しめる海にするのが目的。砂浜での飲酒や入れ墨の露出は、逗子、鎌倉市が条例で禁止しているが、県が3月に作成したガイドラインでも県内統一で制限するよう明記している。キャンペーンは、県内27の海水浴場の最寄り駅や海の家に「ルール・マナー違反はNG」と描かれたポスターを700枚掲示するほか、場内放送や普及啓発用品の配布で周知を図る。県や市町職員らによるパトロールも毎日行う。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕