1. ホーム
  2. 話題
  3. クルーズ客船競演横浜港

クルーズ客船競演横浜港

話題 神奈川新聞  2016年12月27日 12:22

大さん橋に並ぶクルーズ客船。左から飛鳥2、ぱしふぃっくびいなす、にっぽん丸=26日午前9時15分ごろ、横浜市中区
大さん橋に並ぶクルーズ客船。左から飛鳥2、ぱしふぃっくびいなす、にっぽん丸=26日午前9時15分ごろ、横浜市中区

 横浜港に26日午前、日本船籍の客船3隻がそろった。横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナルは年末年始を利用して海外クルーズを楽しむ乗客と、見送り客や客船ファンらでにぎわった。

 この日の朝に「飛鳥2」(5万142トン)と「にっぽん丸」(2万2472トン)がほぼ同時に入港。前日から着岸していた「ぱしふぃっくびいなす」(2万6594トン)と並んだ。

 市港湾局によると、この組み合わせの同時着岸は初めて。日本籍船3隻は飛鳥2、にっぽん丸と、引退した「ふじ丸」(2万3235トン)の2012年11月以来。客船ファンからは「3隻がそろうと迫力がすごい」などと声が上がった。

 同日午後、ぱしふぃっくびいなすは台湾・九州、飛鳥2とにっぽん丸はグアム・サイパンへのクルーズに出港。にっぽん丸は来年1月3日、飛鳥2は4日、ぱしふぃっくびいなすは5日にそれぞれ横浜港に帰港する。


シェアする