1. ホーム
  2. 話題
  3. 一足早い夏祭り 開成幼稚園、630人が歓声

一足早い夏祭り 開成幼稚園、630人が歓声

話題 神奈川新聞  2015年07月12日 03:00

園のマスコットと一緒に「月夜のポンチャラリン」を踊る園児ら=開成町立開成幼稚園
園のマスコットと一緒に「月夜のポンチャラリン」を踊る園児ら=開成町立開成幼稚園

 夏日となった11日、開成町牛島の町立開成幼稚園(宇田川裕子園長)で一足早い夏祭りが行われ、園児や保護者、スタッフら約630人が盆踊りや消防団の放水に歓声を上げた。開成幼稚園父母と先生の会(井上慎司会長)主催。

 1970年創立以来続く伝統の夏祭り。午前9時すぎ、色とりどりの浴衣姿の園児らが園庭に据えられたやぐらを中心に集合。輪になって、同園のマスコット「わんたくん」と一緒に盆踊り「月夜のポンチャラリン」を踊った。

 また、開成町消防団の消防車2台も参加。ホースから勢いよく放水すると園児らは大はしゃぎ。町のキャラクター「あじさいちゃん」も駆け付け、園内では輪投げやうちわ作り、おかし釣りなどの模擬店もにぎわった。

 ばら組の多田彩音さん(5)は「輪投げが楽しかったです」と笑顔。うちわ作りでフクロウの塗り絵をしたれんげ組の大庭史嗣君(5)は「描くの大好き。おうちに来ないかな」と話していた。


シェアする