1. ホーム
  2. 社会
  3. 太陽系探査の「世界初」展 相模原で

太陽系探査の「世界初」展 相模原で

社会 神奈川新聞  2015年07月10日 03:00

小惑星探査機「はやぶさ」の模型 =相模原市立博物館
小惑星探査機「はやぶさ」の模型 =相模原市立博物館

 太陽系探査の分野で、日本が今まで達成した「世界初」を紹介する企画展「あれもこれも世界初! 日本の太陽系探査」が11日から、相模原市中央区の市立博物館で始まる。9月27日まで。

 市立博物館と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の主催。探査機の模型やパネルなど「世界初」にまつわる約30点が並ぶ。

 2010年に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のコーナーでは、「月以外の天体に着陸して物質を持ち帰ったのは、はやぶさが初めて」などポイントを紹介。模型のほか、はやぶさが小惑星「イトカワ」から持ち帰った微粒子や、微粒子を入れていた帰還カプセルの実物も展示されている。

 企画展を担当した同博物館の岸篤宏学芸員(43)は、「それぞれの探査機は、苦労があって成功した。日本の太陽系探査の挑戦を感じて」と来場を呼び掛けている。

 入場無料。会期中は、JAXA研究者らによる講演会も行われる。問い合わせは、同博物館電話042(750)8030。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕