1. ホーム
  2. 経済
  3. 子育て世帯購入優先 定住促す/平塚

子育て世帯購入優先 定住促す/平塚

経済 神奈川新聞  2015年07月03日 03:00

 国の交付金を活用したプレミアム付き商品券をめぐり、平塚市は中学生以下の子どもがいる子育て世帯が優先的に購入できる制度を決めた。市によると、県内初の試み。子育て世帯に地元商店の利用を促し、定住促進にもつなげたいとしている。 

 商品券は20%のプレミアム付きで、発行数は6万9千冊。発行総額は8億2800万円で、プレミアム分の1億3800万円には、地域活性化を目的にした国の交付金を活用する。

 事前申込制。市内在住者が対象で、8月1~31日。1人1通、1世帯(同一住所)3人まで。購入上限は1通5冊まで。

 応募多数の場合は抽選になる。ただ子育て世帯では別枠になり、子どもの人数分は制限の対象としない。市商業観光課によると、市内には子育て世帯が約2万1千あり、子どもは約3万4千人いる。

 平塚ではこれまでに3回、10%のプレミアム付き商品券が発行されたが、今回が総額、冊数、プレミアム割合とも最大。前回2014年は4万冊を先着順で販売し、3週間で売り切れる人気ぶりだった。

 今回は1冊1万円で、1万2千円分の買い物が市内の店舗で可能。1冊は千円券12枚つづりで、大型店では使用できない中小商店券と、中小商店・大型店共通券がそれぞれ6枚ずつとなっている。券を利用できる店は7月中旬に募集する。

 応募はがき付きのパンフレットは7月下旬、市役所や公民館などに置く。子育て世帯には、応募はがきなどを郵送する。販売は10月1~9日。

 また、商品券の使用期間は10月1日から12月31日までで、1回の使用限度額は6万円分。

 問い合わせは、市商業観光課電話0463(35)8107。


シェアする