1. ホーム
  2. 話題
  3. 三浦海岸で海開き ライフセーバーが救助実演を披露

三浦海岸で海開き ライフセーバーが救助実演を披露

話題 神奈川新聞  2015年07月02日 03:00

救助のデモンストレーションを披露するライフセーバーたち=三浦海岸
救助のデモンストレーションを披露するライフセーバーたち=三浦海岸

 三浦市内の3海水浴場(三浦海岸、大浦、和田)が1日、海開きを迎えた。三浦海岸では強い風で砂が吹き付ける中、約90人が今夏の安全を祈った。

 神事が執り行われた後、海水浴場開設者である運営委員会の大島敬三委員長(83)が「安全に努めながら楽しく過ごしてもらえるよう海開きを宣言します」とあいさつ。花火が打ち上げられ、三浦海岸サーフライフセービングクラブのメンバーらが初泳ぎと、救助の実演を披露した。

 海の家は9軒で、一部は午後8時半まで営業する。うち、ニッポン放送などが運営する「夏小屋サウンドアネックス」が11日にオープンし、若者向けに音楽ライブやラジオの公開放送などが行われる。家族連れを狙った海上アトラクション「三浦海岸ウオーターパーク」も新設されたが、強風のため1日は引き上げた。天候を見て再開する。

 荒井浜、胴網、横堀の油壺周辺3海水浴場は8日に海開きを迎える。


シェアする