1. ホーム
  2. 経済
  3. 海の女王と王子が決まる 湘南の魅力伝えたい

海の女王と王子が決まる 湘南の魅力伝えたい

経済 神奈川新聞  2015年06月30日 03:00

海の女王に選ばれた(後列左から)斎藤さん、堀口さん、水越さんと、王子の(前列左から)矢崎さん、栗原さん=藤沢市役所
海の女王に選ばれた(後列左から)斎藤さん、堀口さん、水越さんと、王子の(前列左から)矢崎さん、栗原さん=藤沢市役所

 藤沢市の魅力をPRする「湘南江の島海の女王&海の王子」に、今年は藤沢と鎌倉、茅ケ崎、平塚の湘南各市から学生5人が選ばれた。7月1日の海開きがお披露目の場となる。

 ともに藤沢市在住の大学3年斎藤瑠海さん(21)は「国内外の人々との出会いを大切に、魅力を伝えたい」、大学院2年の栗原健斗さん(23)は「将来、生まれ育った地で貢献できるよう、足がかりにしたい」と抱負を述べた。

 それぞれ学校やアルバイトなどで藤沢とゆかりのある、鎌倉市在住の大学2年堀口奈々さん(19)は「まずは江の島をしっかりアピールしたい」、茅ケ崎市在住の大学2年水越唯仁(ゆに)さん(20)は「おいしい湘南野菜も取れる藤沢を世界中に広めたい」、平塚市在住の大学院1年矢崎智之さん(22)は「活動を通じ、もっと湘南のことを知っていけたら」と意欲を見せた。

 江の島が2020年東京五輪のセーリング会場に決定したこともあり、市観光協会は「ルールなどを学び、ヨットもPRしてもらえれば」と話している。


シェアする