1. ホーム
  2. 選挙
  3. 期日前投票が好調 週末の伸び期待 大磯町議選

期日前投票が好調 週末の伸び期待 大磯町議選

選挙 神奈川新聞  2015年06月27日 03:00

 終盤を迎えた大磯町議選(28日投開票)で、期日前投票が好調だ。前回2011年との比較で1・5倍ほどで推移している。投票率自体は下落傾向が続き、前回は過去最低の51・84%を記録しており、町選挙管理委員会は全体の投票率向上に期待を寄せている。

 町選管によると、期日前投票の投票数は、受け付け初日の24日が339票(前回比127票増)、25日は479票(156票増)と、大きくアップした。

 投票率は1999年に58・67%となって60%を割り込み、その後も50%台が続いている。期日前投票は週末にかけて伸びる傾向にあるため、町選管は「ぜひ前回を上回りたい」と期待を込める。

 だがコンビニで買い物を終えた60代の女性は「それほど選挙カーの音も聞かない」と話した上で「投票には必ず行くけど、投票率はまた50%ぐらいにしかならないのでは…」と、選挙戦の静かさを感じているようだった。町役場の近くの選挙ポスター掲示を見ていた60代の男性は「選挙があるのはもちろん知っているが、盛り上がっているとは思えない。大きな争点があるわけではないしね」。

 週末には明るい選挙推進協議会メンバーが投票を呼び掛けることにしている。


シェアする